コラム5:良く噛んでダイエット。/札幌南区で、しっかり噛める矯正治療、りんご丸かじりミラクル審美入れ歯、セラミック審美歯科、をお探しなら夜10時まで診療の北の沢きたのさわ夜間歯科・矯正歯科へ。

きたのさわ夜間歯科・矯正歯科の公式サイトです/矯正治療(歯学博士・矯正認定医)・セラミック審美歯科・ノンクラスプ審美入れ歯・レーザー治療が専門の当院へ.夜10時まで.

Topコラム1>コラム5

その他のコラムメニュー↓

札幌南区。北ノ沢きたのさわ夜間歯科・矯正歯科。コラム1へ(子供の健康発育と矯正)コラム1


「子供の健康発育と矯正治療」

コラム1へLinkIcon


札幌南区北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム2へ。副菜、野菜の写真。
コラム2
「美しくなるための食事」

コラム2へLinkIcon


札幌南区の北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム3へ。矯正相談に最適な時期は?。歯医者さんと患者さんが相談中のイラスト。
コラム3
「矯正相談に最適な時期は?」

コラム3へLinkIcon


札幌南区の北の沢きたのさわ夜間歯科・矯正歯科 美と健康コラム4のページへ
コラム4
インプラント or 入れ歯?

コラム4へLinkIcon

札幌南区の北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム6へ。口臭発生のメカニズムの図。硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド等。
コラム6
「口臭の原因と予防について」

コラム6へLinkIcon

札幌南区の北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム7へ。予防歯科:歯磨きのはなし。
コラム7
「予防歯科:歯磨きのはなし」

コラム7へLinkIcon

↓コラム5「良く噛んで,ダイエット!」

「良い歯で,良く噛んで」肥満予防!


昔から「よく噛んで食べると肥満の予防になる」といわれているように、よく噛んで食べる人は、あまり噛まないで食べる人に比べてBMIが低いというデータもあります。

※BMI=(体重)÷(身長)2 
BMI=22.0・・・標準体重 
BMI≧25.0・・・肥満


その理由は、噛む(咀嚼)動作が神経を伝わって脳を刺激し、ヒスタミンやセロトニンなどの脳内物質が満腹中枢を刺激することで満腹感が得られるからです。ある実験では、食事のときに、普通に噛む場合と、よく噛む場合とでは、よく噛む方が摂取エネルギーが低減したとゆう結果が出ています↓

札幌の矯正審美歯科。北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム5。食べてしまうエネルギー量と噛み方(良く噛む・普通に噛む)の関係の棒グラフ。


よく噛んで食べる習慣をつくるには、「良く噛まなければ飲み込めない」食べ物を選ぶようにすることが簡単ポイントです。例えば「豆腐」は水分が90%と多く、とても軟らかいため、舌と上あごで一回つぶすだけでも飲み込めますが、「おせんべい」は水分量が5%程度と少なく硬いため、歯で何回も噛んで細かくし、唾液と混ぜ合わせなければ飲み込むことができません。つまり、口に入れる前の食べ物の改善が一番有効なのです。また、食べ物を飲み物で流し込むような食べ方をしないことや、ひと口の量をなるべく少なくして何回かに分けて食べることもかなり効果的です。

札幌南区の北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム5。良く噛んで肥満予防。食べ物別の噛む回数の図。おそば、フランスパン、ハンバーグ、ポーク、にんじん、せんべい等。


食べ物を選ぶときは、歯ごたえのあるものや、よく噛むことで味わいが増すものを選ぶようにしましょう。調理方法では、大きめに切ったり、適度に硬さを残して調理するなどの工夫で噛む回数を増やすことが出来ます。例えば、同じ肉類を食べるなら、ひき肉で作るハンバーグよりもポークソテーの方が、ニンジンもグラッセに調理するより生のままスティックとして食べる方が噛む回数を増やすことが出来ます。
歯が悪くて良く噛めなかったり、噛み合わせが悪い場合にはしっかり治療を受け、お口も万全の状態にして良く噛むことで脳をコントロールし、しっかり食べても無理のない健康的なダイエットをしましょう。






札幌の審美と矯正歯科。北の沢きたのさわ夜間歯科・矯正歯科のコラム5.良く噛んで、軽い運動でダイエット。歩く女性のイメージ写真。

噛む.かむ.クッキング

よく噛んで食べることは、お口の健康によいのはもちろん、脳の発達をうながし、全身を活性化させます。
軟食に慣れた食生活をすぐに変えることは難しいですが、調理のちょっとした工夫で「噛む力」を引き出し、自然に無理なく噛む回数を増やすことができます。

札幌南区の北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム5。良く噛んで肥満予防、かむかむクッキング。野菜のエチュべの写真。
<野菜のエチュベ>
材料 (4人分)
れんこん・・・・・・・・・・・100g
にんじん・・・・・・・・・・・1/2本
かぶ・・・・・・・・・・・・・・3本
パプリカ(赤)・・・・・・・1本
エリンギ・・・・・・・・・・・2本
小たまねぎ・・・・・・・・10本
ズッキーニ・・・・・・・・・1本


白ワイン、白ワインビネガー 各50cc
オリーブオイル・・・・・・・・・・・100cc
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
タイム(ドライ)・・・・・・・・・・・・小さじ1
ローリエ・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚

作り方
①れんこん、にんじん、かぶ、パプリカ、エリンギは、それぞれ小さめのひと口大に切る。小たまねぎは皮をむく。ズッキーニは厚さ1cmの半月切りにする。
②Aの材料を鍋に入れて火にかける。沸騰したら①の野菜(ズッキーニとかぶ以外)を加えて全体にからめるように混ぜ、ふたをして、中火で2~3分蒸し煮する。
③ズッキーニとかぶを加えて、さらに2~3分蒸し煮して、そのまま冷まして味をなじませる。
*エチュベ=蒸し煮という意味。野菜はお好みで取り合わせてください。火の通りやすい野菜は、あとから加えるとよいでしょう。

札幌南区の北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム5。良く噛んで肥満予防、かむかむクッキング。切り干し大根の洋食煮の写真。
<切干大根の洋食煮>
材料 (4人分)
切干大根・・・・・・・・・・・・・30g
ベーコン・・・・・・・・・・・・・・80g
いんげん・・・・・・・・・・・・・・10本
白ワイン(または酒)・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150cc
固形コンソメ・・・・・・・・・・・1個
塩、こしょう・・・・・・・・・・・・各少々
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2

作り方
①切干大根は、水に10分ほどつけてもどし、食べやすい長さに切る。
②ベーコンは細切りする。いんげんは塩(分量外)をまぶしてもみ、水洗いして縦半分に切り、長さを3等分にする。
③鍋でサラダ油を熱し、ベーコンを炒める。いんげんと①の切干大根も加えてさっと炒め、全体に油がまわったら白ワイン、水、固形コンソメを加えて7~8分煮ふくめ、最後に塩、こしょうで味を整える。