健康情報4:インプラント?それとも入れ歯?/札幌南区で、インプラント以上に良く噛めると評判のノンクラスプのスマイルコンフォート審美入れ歯をお探しなら夜10時まで診療の北の沢きたのさわ夜間歯科・矯正歯科へ。

きたのさわ夜間歯科・矯正歯科の公式サイトです/矯正治療(歯学博士・矯正認定医)・セラミック審美歯科・ノンクラスプ審美入れ歯・レーザー治療が専門の当院へ.夜10時まで.

Top健康情報1健康情報

情報コーナー
健康情報1へ(子供の健康発育と矯正のはなし)あごの大きさと食生活の時代変化の関連を説明しています。健康情報1
子供の健康発育と矯正治療

札幌南区の専門的な歯科クリニック。北の沢夜間歯科・矯正歯科の健康情報2へ。副菜、野菜の写真。
健康情報2⇒
美しくなるための食事

札幌南区の丁寧な歯医者さん。北の沢夜間歯科・矯正歯科の健康情報3へ。矯正相談に最適な時期は?。歯医者さんと患者さんが相談中のイラスト。
健康情報3⇒
矯正相談に最適な時期は?

札幌南区の優しい歯医者です。北の沢きたのさわ夜間歯科・矯正歯科 美と健康。健康情報4のページへ
健康情報4⇒
インプラント or 入れ歯?

札幌南区の北の沢夜間歯科・矯正歯科の健康情報5へ。口臭発生のメカニズムの図。硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド等。
健康情報5⇒
口臭の原因と予防について

札幌南区の北の沢夜間歯科・矯正歯科の健康情報6へ。予防歯科:歯磨きのはなし。
健康情報6⇒
予防歯科:歯磨きのはなし

健康情報4↓「インプラント?それとも入れ歯?」

「インプラント」と「入れ歯」の形の違い。

コラム4:インプラントと入れ歯の違い。札幌の審美矯正歯科クリニック、北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム。インプラントブリッジのモデル写真。
←歯を失った部分へのインプラント埋入によるクラウン治療


コラム4:インプラント?それとも入れ歯?。札幌の矯正歯科 北の沢夜間歯科・矯正歯科のコラム。健康保険適用の一般的な入れ歯のサンプル写真。...←片側遊離端欠損部への部分入れ歯の治療

歯を抜いた後、インプラントにするか入れ歯にするか皆さん悩むところです。実際には、両方の長所と短所を良く知り、治療法を無理なく選んで頂きたいと思います。

インプラントの場合
歯を抜いた後、入れ歯にするべきなのか、それともインプラントにするべきなのか。それぞれに一長一短があって、どちらだけが特によいということは言えませんが、しかし保健から自費までいろいろとある入れ歯と違って、インプラントは完全に自費扱いで保険が適用されないので、誰でもすぐにというわけにはなかなかいかないのが実情ではないでしょうか。

一般的にインプラント1本を使用するとなるとインプラントだけで20万円~40万円、その上の歯になる部分が5万円~15万円程度になり、合計で低く見積もっても30万円前後の費用がかかります。もし口腔内の歯を上下全部インプラントで治療をしたとなると、約500万円~1000万円近い金額がかかってしまう場合もあります。

インプラントは歯科クリニックによって、それぞれ価格に幅があります。この価格を決める主な要因は、使用インプラントのシステムや症状などによって決まります。

インプラント?それとも、入れ歯?
インプラントと入れ歯を比べると、このように価格が大きく違うわけですが、選ぶ基準は価格だけでなく、患者様ご自身の体力や全身の状況、さらには価値観や経済能力によって相対的に変わってきます。特に多数のインプラントを入れたり、骨の移植、骨を増やすなど大きな手術になるような場合は、担当医だけではなくセカンドオピニオンに意見を求めたりと慎重な選択が必要です。

インプラントは優れたものですが、それでは入れ歯はそうではないのかといえば、そんなことはありません。入れ歯もぴたりと口の中にフィットして使用することができれば、生活するうえで必要十分な機能を発揮してくれます。

価格はそれぞれ理由があって決められます。価格が高いからといって優秀であるとはいえませんし、高い製品と比べて安いからといって品質や機能が劣っているわけではありません。価格だけで選ぶのではなく、それぞれ自分が求めるものを皆さんご自身がしっかりと把握し、専門家である歯科医師の意見を聞き、インプラントと入れ歯のどれが自分に一番あっているかを見極めて選択していくことが、大事なのではないでしょうか。決して無理をしないようにしていただきたいと思います。